第2回年次研修会のご報告②

約1時間半の美術体験会の後は

「宮城野高校校歌を歌ってみよう」のため、音楽室に移動です。

 

部屋に入ってまずびっくりしたのが、お琴がずらりと出されていたこと。

 

授業で琴を演奏することがあるようですが、たくさんの琴がある学校って他にあるんでしょうか?(多分ないですよね。宮城野高校、凄すぎます!)

 

さてここから約30分という短い時間でざざーっと説明と練習です。

 

宮城野高校校歌は他の学校の校歌にない特徴があります。そう、伴奏がない、アカペラだということですね。混声4部合唱で歌われる校歌は朗々とした深い響きを持つ曲で、校歌でありながら癒されるような美しさがあります。

 

曲の冒頭に「pastrale」という表記がありますが、これは音楽用語で「牧歌的な」という意味です。

平和で柔らかく光が差すような情景をイメージしながら歌って!という作曲者の意図が見て取れます。

 

ちなみに合唱編曲者は内藤淳一さんという方ですが、知る人ぞ知る、県内の高校の合唱指導では有名な先生です。

 

各パートを見ていくと本当に素晴らしい編曲となっていることが分かります。普通はソプラノに1本のメロディラインがあって流れていくことが多いのですが、宮城野高校校歌はすべてのパートにメロディラインが受け渡されていきます。すなわち宮城野高校を表す学校像であるあの有名な言葉、「一人一人が輝きます!」が校歌の中でも表されているのです。

 

というわけでパート練習スタート!

 

 

f:id:heondukjp:20190914204643j:image

 

f:id:heondukjp:20190914204705j:image

 

ハイッ!短い時間ではなかなか覚えきるというところまでは行き着きませんでした(笑)

 

が、美しさにあふれた校歌に触れることができ、ますますこの校歌に愛を感じたのではないでしょうか。

あとは各自自主練に励むこととします。みなさん、お子さんに教えてもらって下さいね!

 

そして近々ご披露の場も予定しておりますので乞うご期待!

 

二つの体験会で、参加者の皆様に何かしらの新しい発見がありましたら、企画した年次委員共々嬉しい限りです。

 

次回11月9日の年次研修会を持って、今年度の3年次の研修会は終了となりますが、ぜひぜひたくさんの皆様の参加をお待ちしておりますので気軽にご参加下さいね。

 

また日程が近くなりましたら、こちらのブログでもお知らせをいたします。

 

でもこのブログの存在が知られていないのでどうしましょー(悲)